ローヤルゼリー製品いろいろ

生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違い

ローヤルゼリー製品には乳液状のタイプや粉末のタイプがありますが、これらはどう違うのでしょうか。
この記事では生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの違いをご説明します。

■ローヤルゼリーの規格

王代から72時間以内に採取したローヤルゼリーを瓶詰したものが「生ローヤルゼリー」で、生ローヤルゼリーに63~68%含まれている水分を5%以下に除去したものが「乾燥ローヤルゼリー」です。
そして生ローヤルゼリーまたは乾燥ローヤルゼリーを使ったサプリメントで、生ローヤルゼリーの使用割合が全重量の1/6以上のものが「調整ローヤルゼリー」です。
デセン酸の濃度は、生ローヤルゼリー1.4%以上、乾燥ローヤルゼリー3.85%以上、調整ローヤルゼリー0.21%以上と定められています。

■形状、味、価格の違い

http://xn--vckn1b7c7bo7bces8e1ee8302juqzc.com/kannsou.htmlにも書いてあるように、乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーをフリーズドライにするなどして作られ、多くの商品でカプセルに500mgぐらいに分けて入れてあります。
調整ローヤルゼリーにはその他の栄養成分などが配合され、カプセルや錠剤の形になっています。
http://xn--8-vfutfzadk9he.com/08.htmlnimo書いてあるように、生ローヤルゼリーは酸味と少しピリっとする風味がありますが、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーを飲んでもカプセルなどで飲み込むためローヤルゼリーの風味は分かりません。
生ローヤルゼリーは開封後冷蔵庫に保管し、開封後の日持ちは乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーより短い期間となります。

乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーは涼しく乾燥した場所に保管できます。
生ローヤルゼリーが最もフレッシュですが、乾燥ローヤルゼリーを作るときになるべく熱などを加えずに加工すると生ローヤルゼリーの栄養が多く残るといわれています。
乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーを生ローヤルゼリーに換算して価格を比較すると、生ローヤルゼリーのほうが高価な傾向があります。

ローヤルゼリーのタイプは使用頻度や飲みやすさによって選んでください。