ローヤルゼリー製品いろいろ

ローヤルゼリー配合のドリンク

ローヤルゼリーを手軽に飲めるドリンクにはどのぐらいの量が入っているのでしょうか。
おいしく飲めますが、カロリーも気になりますね。
各社のローヤルゼリードリンクを比較します。

■ローヤルゼリーが主体のドリンク

各社が販売しているローヤルゼリードリンクの特徴をまとめると下表のようになり、全体的な傾向は次のとおりです。
  • ビタミンBなど他の栄養成分が配合されているものが大方
  • 甘くて飲みやすいと評判
  • ローヤルゼリーの配合量は2000mg程度、単価は200円台が平均的
  • 合成甘味料を使ってカロリーを抑えている商品が半分弱
  • シンプルな味付けで果物などのフレーバーは少ない
  • 容量は1回分が主。ばら売りもされているが、10本単位での販売が多い
  • 生ローヤルゼリーを配合している商品もある
販売者ローヤルゼリー量(mg)エネルギー (kcal) 主な配合成分主な甘味料、風味
Y養蜂場200022難消化デキストリン1g
ビタミン
エリスリトール、はちみつ、ブドウ糖果糖液糖、スクラロース
2000
62プロポリス200mg蜂蜜、パイナップル風味
S社(上場企業)100025GABA70mg、マカ50mgオリゴ糖、スクラロース、アセスルファムカリウム
2000
36GABA100mg、マカ100mgオリゴ糖、スクラロース
S養蜂園100080ビタミン、カフェインブドウ糖果糖液糖、蜂蜜
B養蜂園生2000記載なし記載なし果糖ブドウ糖液糖、蜂蜜
D社200086ビタミンオリゴ糖2g、はちみつ
NG養蜂場生300035難消化性デキストリン5g、コラーゲン3g、高麗人参100mg甘味料とのみ記載
NZ養蜂場(明治42年創業)1200記載なしビタミンブドウ糖液果糖液糖、はちみつ
S社10059記載なし果糖ぶどう糖液糖、はちみつ

※難消化性デキストリンは水溶性食物繊維で、5gを含む特定保健用食品は「食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇を穏やかにする」と表示されています。

ローヤルゼリードリンクは日持ちがするので、疲れた時だけ飲む方やギフトにも向いています。
ローヤルゼリーの配合量、他の栄養素、カロリーなどによって選んでください。 また知っておきたいローヤルゼリーと蜂蜜の違いについても参考にご覧ください。