ローヤルゼリー製品いろいろ

ローヤルゼリーに含まれるイソロイシンとは

ローヤルゼリーには15種類のアミノ酸が豊富に含まれていて、そのうち人間が体内で作ることができない「必須アミノ酸」は9種類です。
この記事では必須アミノ酸の一つであるイソロイシンについてご説明します。

■イソロイシンと運動、筋肉維持

人の体重の約4割が筋肉の重さで、筋肉の約2割がタンパク質でできています。
そして必須アミノ酸のうちバリン、ロイシン、イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれ、人の筋肉に含まれるタンパク質の35%を占めています。
そのためバリン、ロイシン、イソロイシンは筋肉づくりに欠かせない栄養素で、サプリメントとしても多く販売されています。
バリン、ロイシン、イソロイシンは筋肉で代謝され、エネルギー源にもなる点が特徴です。
運動をすると筋肉が分解されアミノ酸が出ていきますが、運動前にバリン、ロイシン、イソロイシンを摂ると、運動中に筋肉からアミノ酸が出ていくのを抑制されることが人に対する研究で確認されています。

■イソロイシンを摂る目安量

バリン、ロイシン、イソロイシンを1:2:1の割合で摂るのが有効であるため、BCAAのサプリメントはそのような配合になっています。
大塚製薬の試験グラフを見ると、BCAAを摂ると30分後に血中濃度が最も上がり、2g摂取すると摂取前の1.5倍程度の濃度になっていて、徐々に濃度が下がっていきます。
BCAA1gの摂取では安静状態でも2時間後には元の濃度に戻ったことから、運動前には2g以上の摂取が有効だと考えられています。

■ローヤルゼリーのイソロイシン量

ローヤルゼリーのタンパク質は13%ほどで、そのうち約5%がイソロイシンです。
そうするとローヤルゼリー3gには19.5mgのイソロイシンが含まれている計算になります。
バリンとロイシンの割合は約7.5%なので、バリン、ロイシン、イソロイシンの比率は3:3:2です。
ローヤルゼリーに含まれているイソロイシンを、食事やサプリメントと組み合わせて筋肉維持や運動に役立ててください。
また知っておきたいローヤルゼリーの注意点についても合わせてご覧ください。